法人の沿革

《保育園設立》
昭和50年03月行田市大字荒木字新田4,961番地に、敷地面積1,920,6㎡、園舎面積368.55㎡とする社会福祉法人行田保育園を 指令婦第228号により設立認可が受理される。
(理事長)小林 清春、(園長)前原 正雄
昭和50年04月社会福祉法人清陵会行田保育園、定員60名で開園する。
昭和51年04月園舎100.83㎡を増築、定員90名に変更する。
昭和53年04月敷地1,507㎡を拡張する。(総敷地面積3,427.60㎡)体育室兼用具置き場(90.72㎡)を増築する。
昭和54年04月定員120名に変更する。
昭和55年04月園舎186.02㎡を増築する。
昭和61年04月園舎202.32㎡を増築する。(総建物面積948.44㎡)
昭和63年04月施設長変更を認可され、園長 園部浅子になる。
平成02年12月園舎368.55㎡を改修する。共同募金配分
平成03年04月定員90名に変更する。
平成03年10月トイレ改修工事を行う。赤い羽根共同募金配分
平成06年04月年中・年長園児「文字、数字、英語」パソコン教室を開始する。
平成07年09月幼児送迎ミッキーバスの入替購入する。(理事長寄付金)
平成09年06月外周フェンス敷設工事を行う。赤い羽根共同募金配分
平成10年06月給水管改修及び外手洗い場改修工事を行う。赤い羽根共同募金配分
平成11年06月園舎塗装工事を実施する。赤い羽根共同募金配分
平成12年05月保育室床張替及びコンビネーション遊具修繕。赤い羽根共同募金配分
平成12年08月給食室のドライキッチン改修工事を行う。少子化対策交付金
平成13年03月かめ組前フェンス工事を行う。業務省力化補助金
平成13年09月幼児送迎プーさんバスの入替購入。理事長寄付金、日本小型自動車振興会補助金
平成15年03月体育室兼用具置場(94.25㎡)改築する。
平成17年07月創立30周年記念事業として新園舎(849.0㎡)を理事長・園長寄付金、施設整備補助金にて建設。 (総敷地面積3,427.6㎡、総建設面積1,369.69㎡)
平成18年08月幼児送迎ミッキーバスからピンクバスに運行入替。
平成19年03月旧園舎(202.32㎡)の大規模修繕工事を完了。(次世代育成交付金 国庫・行田市)
平成20年03月園舎前通路及び遊具下ゴムチップ敷設(安全対策)工事を行う。
平成20年06月温暖化防止対策として園庭への芝植え事業を完了。
平成22年07月鉄棒・運梯・棒登りの遊具を入替設置する。
平成22年11月掲示板設置工事を完了。(松下福祉基金補助金)
平成23年平成23年度埼玉県「食の安全大賞」を受賞。
平成24年01月赤ちゃんの駅事業を開始。(埼玉県補助金)
平成24年05月理事会にて新理事長・園長園部浅子に決定する。
平成24年08月プーさんバスの入替を行う。(平成24年度郵便事業補助金)
平成24年08月埼玉県の平成24年度親支援モデル事業の指定を受ける。
平成25年03月埼玉県多様な働き方実践企業ゴールド認定を受ける。
平成29年04月地域型保育施設として小規模保育園『こどものみらい保育園』を開園する。
平成31年04月行田保育園を幼保連携型認定こども園『行田こども園』に移行する。